プロバンスに憧れて家を建てました!オーミンパパのマイホーム建築記
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
選び方を知らなかった照明選び
2007年11月06日 (火) | 編集 |
10月の上旬にHMさんとの打合わせで照明器具はすでに決定しているのにどうも胸がすっきりしません まるで電気配線の時と同じ感覚です。確かあの時はコンセントやスイッチの位置が図面ではイメージできずに胸がモゾモゾして急遽現地打合わせをしていただきましたが、あの時と同じように胸がモゾモゾします なぜだろう?フーミンと二人で好みの照明をカタログで選んで納得したはずなのに・・・

たしかに気に入ったデザインの物を選んだけど、機能や省エネ性について全く勉強もせず、ただ値段だけを気にして選んだことにとても不安を覚えたんです。「安物買いの銭失い」がここにあるのではないかと。

と言うわけで昨夜は子供たちが寝てから電気のお勉強をしました。正しくは照明器具と電球のお勉強です。そして改めて自分たちが選択した照明器具たちをおさらいしてみると以外といい選択をしていたのですが、2箇所だけ見直さなければならない物がありました。

1つはオープンキッチンの手元灯として選んだスポットライト、もう1つはダイニングに選んだ小型ペンダントです。何を見直さなければならないのか?それは使われている電球です 超勉強になったのでこれから照明器具を選ぶ人はよろしければ参考にしてください

照明器具の電球は大きく分けて「白熱灯」「蛍光灯」「ハロゲン」の3つ
 白熱灯の仲間:
  シリカ球、クリア球、ボール球、クリプトン球、リフレクター球など(「ミニ」と付く物も同じ)
 蛍光灯の仲間:
  直形蛍光灯、丸形蛍光灯、電球形蛍光灯など(メーカーごと戦略による分類分けがある)
 ハロゲンの仲間:
  ダイクロビーム、ミニハロゲンなど

明るい順に並べると・・・
  ハロゲン>蛍光灯>白熱灯

なのですが消費電力量は・・・
  ハロゲン>白熱灯>蛍光灯

つまり白熱灯より蛍光灯の方が明るいのに電気代が安いのです。蛍光灯は電球代そのものは少々お高いのですが白熱灯よりも6倍ほど長寿命。
だからと言ってもう白熱灯を選ぶ理由がない訳ではありません。一体なぜ白熱灯は今も存在するのか?実はちゃんと理由があります。

蛍光灯は点けたり消したりを繰り返すと極端に寿命が短くなるので点灯頻度が多いところに多用すると交換サイクルが短くなってしまいせっかく稼いだ電気代を電球代が食いつぶしてしまうのです。

よってポーチ、内玄関、廊下、トイレ、バルコニーなどの点灯時間が連続しない場所には白熱灯を、リビングなどの居室のように一度点けたら連続点灯するところには蛍光灯を使用すると電球代を含めランニングコストが節約できます。ここまでは結構常識的なことかもしれません。

そんなことも知らない私たちはキッチンの手元灯に75Wダイクロハロゲン球のスポットライトを、ダイニングには60Wミニクリプトン球の小型ペンダントを選んでいたのでした

よってこの2つの照明は選びなおすことにしました。特にダイクロスポットの75Wが痛過ぎます。もう少し省エネ性を考慮した選択をしようと再びカタログとにらめっこを開始して間もなくまたまたある疑問にぶち当たりました。照明を選んだご経験のある人ならおそらくみんなこの疑問にぶち当たったのではないでしょうか?深いです・・・
・・・つづく・・・

にほんブログ村 住まいブログへブログランキングに参加中です!応援クリックしてってください
↑クリックするといろんな住まいブログに出会えます!!
・・・現在のランキングをチェック・・・
スポンサーサイト
白熱灯用の照明に電球型蛍光灯は使えるか?
2007年11月07日 (水) | 編集 |
引っ張った割りに大した内容ではないですが照明の続きです。
照明器具のカタログとにらめっこしていて浮上してきた新たな疑問について。
35697ne.jpg 35542e.jpg
ある照明器具メーカーさんのカタログにはこのような写真が並んでいます。左は電球形蛍光灯、右は60Wミニクリプトン球仕様です。これらの写真を見て、「電球形蛍光灯はインバータっていう部品が付いている専用器具にしか使えないのかー」と思いました。この写真見たら普通そう思いません?
35543e.jpg
同じページにこんなのも載っています。上段右のと同じ60Wミニクリプトン仕様です。でも一番下に「電球形蛍光灯使用可能」と記載されています。えっ?どういうこと?インバータがないのに蛍光灯が使えるの?

そう思って今度は電球形蛍光灯について調べてみました。ナショナル、東芝の各社HPで共通してPRしていることは、
「長寿命」「超省エネ」「手持ちの電球器具にそのまま使える」ということです。超電気代が浮くので家中の電球を蛍光灯に買えちゃいましょーーーってことなんです。あれ?やっぱりそのまま使えるの?蛍光灯専用器具っていうのはどうやら私の早合点だったようです。

結論としては、電球形蛍光灯はインバータ回路を内臓しているので口金の形状が合えばどんな器具にも基本的には使用可能なのです。カタログに「電球形蛍光灯・インバータ」と書いてあるのは単にデフォルトで電球形蛍光灯が付属するという意味だと思います。

では「電球形蛍光灯使用可能」と記載された白熱灯器具は一体何なんでしょうか?記載がないものと何が違うのでしょうか?とても気になります。なぜなら同じデザインのものが両方にないから・・・。

ここからはあくまで仮説です。
電球形蛍光灯は形状が白熱灯とほぼ同じだが、取り付けと見栄えに影響する外径と長さが若干異なるため、器具によってはシェードに接触したり、見る角度によっては電球の先端が見えたりハミ出てしまう可能性もある。接触もせず外観が全く変わらない器具には「電球形蛍光灯使用可能」と記載しているのではないか
と考えればすべての辻褄が合います。

じゃあ結局、電球形蛍光灯の使用を考えているなら最初から電球形蛍光灯が付属する物、あるいは「電球形蛍光灯使用可能」と記載されている物を選ばなければならないか?メーカーからの答えは当然イエスなのですが、どうしても気に入ったデザインの物が白熱灯だったとしたらそれを諦めなければならないのか?本当にその器具に電球形蛍光灯は使用できないのか?を検証してみました。
denkyu_hikaku.png
ナショナルと東芝のE26とE17の代表的な電球と電球形蛍光灯の外径と長さを一覧にしてみました。これを見るとE26一般球器具の場合、外径はほとんど場合小さくなりますが25Wの蛍光灯に関しては外径も長さも長くなるので要注意です。
E17の場合、どちらもD形10Wへの交換はサイズアップもさほど大きくないので大丈夫そうですが、A形や15Wへの交換はサイズアップが少々大きいので元々のクリアランスを確認してから購入したほうが良さそうですね。

<結論>
電球形蛍光灯対応の器具は大きさ的に入りますよの意
対応器具でなくてもサイズを確認すれば取り付けOK

とします。全て推論ですので間違いがございましたらご指摘お願いします。

にほんブログ村 住まいブログへお役に立てたらバナーをポチッとしてってください
↑クリックするといろんな住まいブログに出会えます!!
・・・現在のランキングをチェック・・・
我が家の照明~LDK編~
2008年02月04日 (月) | 編集 |
我が家のLDKの照明をご紹介します
照明器具の型番はこちらでご確認ください。

我が家のLDKは18畳です。
取付け工事が必要な照明器具はハウスメーカーさんにお願いし、
各部屋のシーリングライトはお正月休みに自分で買って付けしました

8畳のリビング
2008_0201_001242.jpg
86W電球色蛍光灯シーリングを中心に4隅に60Wミニクリプトン球ダウンライトを付けました。調光スイッチで明るさを調整したかったので白熱灯のダウンライトにしました。

5畳のダイニングはスライドレールでペンダント
2008_0201_001401.jpg     dining.png
1400mmのテーブルに60Wミニクリプトンのペンダントを2つ下げました。
もう少し大きなテーブルなら3つがいいかも。

実はここは結構頭を悩ませました。
1500mmと1800mmのテーブルをキッチンにくっつけて置くのと人が通れるように600mm離して置くパターンを図に描いてスライドレールの長さと位置を検討しました。

5畳キッチンはベースライトとスポットライト
2008_0201_001559.jpg
背後のベースライト(32W蛍光灯)で手元が影になってしまわぬよう
前からスポット(25W蛍光灯)で照らすようにしました

LDKの全景
2008_0201_003644.jpg

他の部屋はまた書きます!(忍法コダシの術
照明器具の型番はこちらでご確認ください。

にほんブログ村 住まいブログへ
最後までお付き合いいただきありがとうございます!応援クリックお願いします
↑クリックするといろんな住まいブログに出会えます!!
・・・現在のランキングをチェック・・・
我が家の照明~玄関編~
2008年02月25日 (月) | 編集 |
我が家の照明をご紹介します
今日は玄関と廊下です。照明器具の型番はこちらでご確認ください。

まずは玄関から
 2008_0224_184220.jpg
国産メーカーの量産品です。外観に合うようにアイアン風味をチョイスしました。
人感センサー付きで、夕方暗くなると50%点灯、人が近づくと100%点灯します。暗くなってから6時間経過で節電のため消灯しますが人が近づくと100%点灯します。

内玄関と廊下です。
2008_0224_184515.jpg genkan.png
内玄関は上がり框の真上に1つ付けるのが通常ですが、我が家は玄関を横切る廊下なのでの廊下のセンターと内玄関のセンターに1つずつ配置するのがセオリーです。

しかし、それだと廊下の突き当たりの脇の収納が暗くなってしまいます。玄関はあまり広くないうえに、廊下も最低限の3尺。狭いスペースに3つの照明器具がうるさくなってしまうのでダウンライトを3つ配置しました。スッキリスッキリ

照明器具の型番はこちらでご確認ください。

にほんブログ村 住まいブログへ
お役に立ちましたら応援クリックお願いします
↑クリックするといろんな住まいブログに出会えます!!
・・・現在のランキングをチェック・・・
我が家の照明~階段廊下編~
2008年03月03日 (月) | 編集 |
我が家の照明をご紹介します
今日は階段と2階廊下です。照明器具の型番はこちらでご確認ください。

ウチの階段は180度の回り階段ですが、以前の記事でもご紹介したように手すり壁が斜めではなく平らなのでおのずとここはブラケットライトになりました。手摺壁が階段なりに斜めの場合は天井からペンダントを垂らすという選択肢もあります。
2008_0227_000710.jpg  2008_0227_000823.jpg
乳白色ガラスのすごくシンプルなものです。取り付け高さが違って見えるのは踏み面からそれぞれ1900mm上がりの位置に付けたから。195mm×2段で390mm高さがずれています。これ大事です。

2008_0106_225500.jpg
何気にダイニングのペンダントとお揃いです。さりげない統一感。

2階廊下はダウンライトにしました。
2008_0224_190257.jpg
夜中トイレに行く時にスイッチを探さなくても良いように、
3つのどの部屋から出てきても反応する位置に人感センサーを設置しました。

にほんブログ村 住まいブログへ
お役に立ちましたら応援クリックお願いします
↑クリックするといろんな住まいブログに出会えます!!
・・・現在のランキングをチェック・・・
我が家の照明~和室・寝室・子供部屋編~
2008年03月19日 (水) | 編集 |
我が家の照明を紹介しますシリーズ第4弾です。
今日は和室、寝室、子供部屋です。
量販店で買い揃えた安物のシーリングライトしか登場しませんのであしからず

まずは和室から
2008_0201_001756.jpg 2008_0201_001849.jpg
部屋の雰囲気に合わせて発光色は電球色です。
セードはプラスチック製ですが良く見ると和紙っぽく模様が付いています。

次は寝室です
2008_0309_183233.jpg
こちらのシーリングも電球色です。
たまたま建具と同じ色の木枠が付いてたので付けてみました。

最後は子供部屋です。
2008_0309_182638.jpg
当面なくても良さそうではありますが何も付いてないと寂しさ満載なので安売り品をGet
子供たちが自分の部屋で勉強したいって言ってきたらモチベーションアップのために好きなの買ってあげようと思います。

にほんブログ村 住まいブログへ
いつもの応援クリックお願いします
↑クリックするといろんな住まいブログに出会えます!!
・・・現在のランキングをチェック・・・
ぼくたちの失敗2 ~電気のスイッチ~
2008年09月01日 (月) | 編集 |
♪は~るの木漏れ日の中で~
           君のやさ~しさに~♪

今日は久々に失敗談です。電気のスイッチの話。

3_r.gif
我が家の電気のスイッチは全てこれです。
な~んにも何も考えてなかったのでHMさんの標準品が付いています。

住み始めてすぐにこのスイッチは
大失敗だったなーと思いました。

このスイッチだとトイレ、勝手口、バルコニーなどのように
照明が壁一枚隔てたところにあったりポーチ灯のように
少し離れた場所だったりするとさっぱりわからないからです。

CIMG0107.jpg

トイレのドアには確認用の小窓がありますが昼間は明るいので使い物にならず
バルコニーは窓の外を見ればわかりそうですが我が家は天候に関係なく
夕方になるとシャッターを締めるので確認のしようがありません。

20switch.jpg
↑正直20世紀式の方がマシです。ON/OFF状態は確実にわかります。


ということでちょっと調べてみたらちゃんとありました。
ただ私が知らなかっただけ。

超後悔です。。。

まずはこれ
04_r.gif
ほたるスイッチです。既に定番商品だったかもしれません。
OFF中は緑のランプが点灯するため
暗闇でもスイッチの位置がわかりやすいというものです。

本来の目的と違いますがONの時はランプが消えるので
これで十分にON/OFF状態はわかります。

そしてさらにツワモノがこちら
4_r.gif
パイロットランプ付きスイッチです。
ON中は赤くOFF中は緑にランプが点灯するので
消し忘れ防止に一役買っています。

まさに今回の私のような失敗をしないために作られたスイッチです。
ただほたるスイッチに比べると金額も割高になります。

これに総取っ替えしたーい!
というのが今の正直な気持ちです。

一戸建てブログランキング
お役に立ちましたら応援クリックお願いします
↑クリックするといろんな住まいブログに出会えます!!
・・・現在のランキングをチェック・・・
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。