プロバンスに憧れて家を建てました!オーミンパパのマイホーム建築記
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
アパート退去の段取り
2007年12月04日 (火) | 編集 |
先日11/27日に今住んでいるアパートの管理者さんに退去のお知らせを書面にて郵送しました。目標は年内入居、つまり12月末日までに退去することになるのでその1ヶ月以上前つまり11月末日までに送るべき書類です。

一応トラブルにならないように2日後に到着確認の電話を入れておきました。

で、1つ心配事があります。それは退去時の検査です。荷物の搬出後に借主・貸主の立会いで修繕費を見積もるための査定をしてもらい預けている敷金の精算が行われます。

果たして一体どういう結果になるのでしょうか?
実は家づくりの予算の中にこの退去の費用を全く組み込んでいませんでした。ここでの出費は少々痛いです。ちなみに預けた敷金は¥128,000。追い金になんてならなければいいが・・・。
とりあえず目標は高めに「敷金の全額返還」です

にほんブログ村 住まいブログへ最後まで読んでいただきましたら応援クリックよろしく!
↑クリックするといろんな住まいブログに出会えます!!
・・・現在のランキングをチェック・・・
スポンサーサイト
アパート退去の立会い
2008年01月31日 (木) | 編集 |
12/28にネットが不通になってから現在までの回想記です。


引っ越しをした12/29にこれまで住んでいたアパートの退去の立会いもしました

賃貸の部屋を退去したことある方はご存知だと思いますが、借りていた物件を明け渡す時に損耗や部屋の痛み具合を貸主さんと一緒に確認し、原状に戻して返却するための費用と敷金の精算をするために行うものです

引っ越しでバタバタしているので翌日以降を希望しましたがこの日から会社が休みに入ってしまうので年明けだと1月分も家賃が発生するなどと超自己都合的なことを言って来るので1000歩譲って仕方なくこの日になりました。

貸主は悪名高きあの積和不動産中部。かなりの強敵らしいです。
退去時の敷金精算のトラブルがとても多い会社で有名です。

同じアパートを退去された方で、
敷金では足りず30万円ほど追加請求された
方もいました。

入居中、浄化槽の管理について何度か改善を求める電話を入れた事があるのですが、その時の対応振りから大体どんな会社か察しが付きますし、今回もどんな精算書を出してくるか大方の予想は付いていました。

こういったトラブルは未然に防ぐことが大事だと思い、1ヶ月前の送付した退去申請書には国土交通省の原状回復をめぐるトラブルとガイドラインに基づいた修繕費の算出をお願いしますと但し書きをしておきました。

しかーし、そんなことはどこ吹く風
お見えになったのは積和不動産中部が管理を委託している積和管理中部からこの立会いを委託された積和建設と言う会社の方。←ちょっと複雑でしょ
つまり、積和不動産中部>積和管理中部>積和建設という3層構造

その方曰く、契約書通りの計算方法で精算してくるよう言われて来ているとのこと。

この場で私がゴネても、あなたが困るだけでしょうから今日はその方法でお願いします。もちろんサインはしませんけど・・・。という感じで査定開始。

そして結果は予想通り預けた敷金とほぼぴったり。マニュアル通りの請求額です。
内容は、鍵の交換、ハウスクリーニング、畳交換、壁紙一部貼り替え、経費で計13万弱でした。

私の善管義務違反による損傷は皆無で、全て自然損耗によるもの。ハウスクリーニング、鍵の交換、諸経費は入居者と何ら関係がない。次の入居者確保のために貸主が負担すべき。よって敷金は全額返金を希望しているとご担当者にお伝えください。
と申し上げ、その精算書にはサインせずその場はサヨウナラしました。

今だ決着付かず。一体どうなることやら・・・

【追記】
約半年後に決着しました。つづきをご覧下さい。

・・・つづきを読む前にランキングチェック・・・
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。