プロバンスに憧れて家を建てました!オーミンパパのマイホーム建築記
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ハウスメーカーと工務店
2007年05月26日 (土) | 編集 |
ここ静岡県東部にはかなりの住宅建設会社があります。まさに星の数ほどあります。

家を建てようと思う前は大手のハウスメーカーの名前しか知りませんでしたが、意識して街を歩くようになったらこんなところにもあんなところにもという感じで、かなりたくさんの住宅会社があることに気付きました。

私が検討してきた建設会社はそのほんの一部だと思いますが、その特徴などをこれから少しずつでも紹介していこうと思います。

ハウスメーカーという言葉をこれまで多用してきましたが、一般的には「ハウスメーカー」と「工務店」は分けて認識されているようです。私に言わせれば家を建設する会社はみんなハウスメーカーなんですけどね。。。一般的には以下のように認識されています。


・・・ハウスメーカー・・・
営業部門と設計部門と工務部門が明確に分かれている会社で比較的大きめの会社。どの規模以上かの明確な定義はなく、複数の都道府県をまたいで店社を構えている会社のこと。
工場で作成して現場での施工期間を短縮したプレハブもこのジャンルに入る。価格は高め、信頼できる大手でという人向き。

・・・工務店・・・
営業部門と設計部門と工務部門がさほど明確でなく設計部門がない場合もある。その場合は近所の設計事務所と提携していて設計だけはそこがやってくれるが施工と管理は現場監督が行う。職人や材料の手配、工程管理が主な仕事。早い話段取り会社。

大工さんを社員として抱えていたり、木材の加工場を持ている工務店もたまにある。
創設者が大工さんでだんだん大きくなった会社は工務が強い会社、どこかのハウスメーカーに勤めていた営業マンがそれまでに培った人脈を活用して材料や職人を調達する会社は営業が強く、両者は全く色が違う。ハウスメーカーより価格は安め、良い家をより安くという人向き。展示場を構えていない店が多く、センスの古い新しいの差が激しいのでなるべく多くの作品を見せてもらった方が良い。

といったところでしょうか?
どちらも結局のところ建設会社です。建設業許可を取っているはずですので。

我が家の建築をお願いする会社はどちらかというと、うーん、微妙ですね。
雰囲気的には営業会社の工務店なのですが、複数県またぎで営業してるし
一応ハウスメーカーと呼んでおこうか・・・。

にほんブログ村 住まいブログへ最後まで読んでいただきましたら応援クリックよろしく!
↑クリックするといろんな住まいブログに出会えます!!
・・・現在のランキングをチェック・・・
スポンサーサイト
依頼先の条件
2007年06月03日 (日) | 編集 |
依頼先の選定にあたり、打合せ等でかなりの回数出かけることを考慮し、三島、沼津に本社または支店を構えていることを条件としました。

今、住んでいる三島からあまり遠いと辛くなるかなと思ったからです。勤務先の富士にもかなりの建設会社がありますが、対象から除外しました。あのタマホームも富士にあるので外しましたが、もし、三島か沼津にあったら筆頭候補だったと思います。

特に工法は限定して考えませんでしたが、一般的に価格は、
鉄筋コンクリート>軽量鉄骨>ツーバイフォー(枠組み工法)>軸組み工法
の順番です。

最初のうちはSBSマイホームセンターへ行って工法を問わずいろいろなハウスメーカーを見に行きましたが、いろいろなメーカーの話を聞くうちに鉄筋コンクリート系、鉄骨系、プレハブ系には寄り付かなくなり、そのうちマイホームセンター自体行かなくなりました。
高くて到底手が出ませんでした。(実際、この後いろいろな工務店やハウスメーカーと出会うのですが、この判断は正しかったと思います)

予算的に必然と在来かツーバイを検討するようになりました。

にほんブログ村 住まいブログへ最後まで読んでいただきましたら応援クリックよろしく!
↑クリックするといろんな住まいブログに出会えます!!
・・・現在のランキングをチェック・・・
検討した依頼先
2007年06月03日 (日) | 編集 |
これまでに検討したハウスメーカー・工務店の概略です。
記憶にあるがままを書いています。メーカーさん、削除修正依頼などご気軽にどうぞ。

・・・CSハウジング(スモリの家)・・・
工法:木造軸組みで壁はパネルのみ筋交なしの高気密高断熱
断熱方式:真壁外張り断熱
柱:集成3.5寸
壁:総レンガタイル
内装:珪藻土塗りが標準、クロス貼りの廉価バージョン有り

実は家づくりを考え始める何年も前から「建てるならここ」と決めていた会社。理由は見た目。レンガタイルの高級感が憧れでした。
特許工法による高気密高断熱にかなり拘りがあり性能は高い。内装建材がプラスティック製で安っぽいのと筋交を使わない新工法に不安を感じた。価格がハウスメーカー並みに高い。最近になって塗り壁の輸入住宅風な外観が好きな私にはクラシックな外観が??だったので却下。実際に住んでいる友人曰く「あったかいっス!」と言っていた。


・・・第一建設・・・
工法:木造軸組みで壁方式は不明
断熱方式:充填断熱
外壁:サイディング

トステム系FC「エースホーム」ブランドと自社ブランドの両方の施工が可能な地場建設会社。エースホームブランドの商品は手頃価格だが規格商品のみで自由設計ではない。自社ブランド商品は逆に完全自由設計だが価格はかなり高め。エースホーム商品でも外観はかなりレベルは高いがこれらの明確な説明がなかったのと自由設計が前提だったので却下。


・・・鈴木工務店(AS-SZKi)・・・
工法:木造軸組みで壁方式は不明
断熱方式:充填断熱
柱:無垢ヒノキ4寸
外壁:サイディング

地場建設会社の住宅部門が「ユートピア」のFCに加盟している。構造材はオール無垢の完全自由設計であったが価格は大手ハウスメーカーなみに高めで断念。原価公開と言いながら何も含まれていない原価表の価格では到底住むまでの状態にはならない。産廃処理費も見積もりに入ってきて驚きだった。シンプルモダンな外観デザインはレベルが高いと思うがプロバンスな外観はサイディングでは無理か?

上記3社は、今回の土地購入前に検討対象から除外し、最終見積もりの依頼はしなかった。

にほんブログ村 住まいブログへ最後まで読んでいただきましたら応援クリックよろしく!
↑クリックするといろんな住まいブログに出会えます!!
・・・現在のランキングをチェック・・・
検討した依頼先その2
2007年06月04日 (月) | 編集 |
これまでに検討したハウスメーカー・工務店の概略です。
記憶にあるがままを書いています。メーカーさん、削除修正依頼などご気軽にどうぞ。

・・・タマホーム・・・
工法:木造軸組みで壁は筋交+モイスTM
柱:4寸角集成材
方式:充填断熱
外壁:サイディング+瓦屋根

いわずと知れたローコスト住宅の風雲児。今すごい勢いで伸びている。地場工務店にタマも考えているというとみんな口を揃えてやめた方がいいというがはっきり言ってやっかみに取れる。富士にしか支店がないため早々に対象から除外したが、設備はTOTOなど一流から選択できるし、換気システムは熱交換型だし、構造も軸組みとしては最高だと思う。ハナから坪25.8万円で建つ訳がないと分かってはいるがそれでも同じ装備で比較したら他店より安いのは確実で、是非沼津か三島に来て欲しかった。残念。
ちなみにここはFCではなく自社施工です。


・・・アイフルホーム・・・
工法:木造軸組みで壁は筋交のみ
柱:赤松集成3.5寸
断熱方式:充填断熱
外観:サイディング 

タマホーム同様ローコストだがこちらはトステム系列FC。検討したのは三島に展示場を構える沼津店。加盟店は「フジキョウ」。規格物と自由設計の両方があるが後者はローコストと言えるほど安くない。耐震等級3を売りにしているが、集成+金物接合で正方形に近い形状なら耐震等級3が普通は取れるんじゃないかと私は思っている。さすがにトステム系だけあってサッシや設備をトステムでグレードアップした時の差額は小さい。全国で施工するFCの強みかな。この辺の工務店に次世代省エネ対応のサッシにしてくれって言うとかなり高くなるがアイフルはそうでもなかった。


・・・プライムホーム・・・
工法:木造軸組みの壁は筋交のみ
柱:集成材
断熱方式:充填断熱
外観:ALC+防水塗装

地元小林建設の住宅部門。RC-Zの加盟店でもあるのでRCも施工可能。きっと地元では元祖ローコスト的存在。確かに安いが外壁が通気層なしのALC直張り、構造面材なし筋交のみの耐力壁、屋根材の標準がコロニアル、ALCのペンキ仕上げの見た目など多くの理由で断念。ALCは壁内結露しないと営業は思っている。通気工法にしてセメントシーラ下地+塗り壁を標準にすればもう少し注目されると思うが・・・。いかんせん外見が×。

上記3社は、今回の土地購入前に検討対象から除外し、最終見積もりの依頼はしなかった。

にほんブログ村 住まいブログへ最後まで読んでいただきましたら応援クリックよろしく!
↑クリックするといろんな住まいブログに出会えます!!
・・・現在のランキングをチェック・・・
検討した依頼先その3
2007年06月04日 (月) | 編集 |
これまでに検討したハウスメーカー・工務店の概略です。
記憶にあるがままを書いています。メーカーさん、削除修正依頼などご気軽にどうぞ。

・・・GLホーム・・・
工法:ツーバイフォー(ツーバイ材はホワイトウッド)
断熱方式:充填断熱(RW90mm+ベーパーバリア)
外壁:サイディング(ラインナップによっては塗り壁)

アイフルホーム同様トステム系のFC。清水町に展示場を構える沼津店はサンケン工務店の運営。完全自由設計で次世代省エネにも割増し対応可能。トステム系なのでやはりサッシや建具のグレードアップは少々の差額で可能。DuoPGをシンフォニーに総入替えの試算を申し出たところ+10万円未満だった。当初サイディングメインだったので塗り壁を希望していたのとやはりツーバイは私にはオーバースペックで金額的に手が届かなかったため断念。ちょうどお断りの連絡を入れたタイミングでスパニッシュ系R壁を使用した塗り壁の新商品が出た。決意が決まった直後だったので時すでに遅し。残念・・・。


・・・中西工務店・・・
工法:ツーバイフォー
断熱方式:外張り断熱(EPS50mm)
外壁:サイディング、塗り壁

検討した会社中、最も断熱性、省エネ性が高く、標準仕様が次世代省エネ対応。壁内結露対策として外断熱を採用するほか塗り壁も通気工法で施工するなど私が知りうる限りではほぼ完璧な仕様だと思う。外観はバリバリの輸入住宅でドアやサッシなどの建具は輸入建材、床や壁は無垢やドライウォールなど自然素材を使用した内容。残念ながら私の予算では手が届かなかったので断念したが大手ハウスメーカーにお願いする予算がある方、輸入住宅を考えている方にお勧め!!お金があったら間違えなくここにお願いすると今でも思う。
プランニングセンスも高い。ここの社長にはかなりいろいろなことを教えていただいた。現在家の勉強中の方はここのHPはかなりためになるので必見です。

にほんブログ村 住まいブログへ最後まで読んでいただきましたら応援クリックよろしく!
↑クリックするといろんな住まいブログに出会えます!!
・・・現在のランキングをチェック・・・
検討した依頼先その4
2007年06月10日 (日) | 編集 |
これまでに検討したハウスメーカー・工務店の概略です。
記憶にあるがままを書いています。メーカーさん、削除修正依頼などご気軽にどうぞ。

・・・藤田工務店・・・
工法:木造軸組み
柱:檜無垢(通し柱4寸、その他3.5寸)
土台:檜3.5寸
耐力壁:筋交
断熱方式:充填断熱(GW10K60mm)
外壁:モルタル下地塗り壁が標準、サイディングも可

無垢を使用したいわゆる「木の家」にこだわり、社長が大工出身の工務中心の地元工務店。独自ルートの仕入れ、自社工場で加工、一部棟梁を社員で構成している。検討した数社のなかで無垢を使用するのはここを含め2社だけだった。なぜなら無垢を使うところはたいてい高いので途中で検討から外したがここはコストパフォーマンスとしてはかなり高いと思う。
MHと違い契約前のプランニングを建築士(おそらく社外の人だが付き合いが長い)がするので良いプランが出てくるが時間が掛かる。
純和風からプロバンスまで外観は何でも来いという感じだし、予算に合わせて新建材でコストダウンする提案力もある。昔ながらの真壁和室を作りたいという人にはオススメ。
ただ、木の家を長く持たせることに注力していて省エネへの意識、新工法への取り組みには慎重な姿勢を見せており私と考えが違うなという印象を抱いて断念した。


・・・林工住宅・・・
工法:木造軸組み
柱:集成材4寸
土台:檜4寸
耐力壁:筋交+ダイライト
断熱方式:充填断熱(GW10K100mm)
外壁:サイディング16mm

浜松の林工組の住宅部門が林工住宅。ローコストだが必要最低限の設備で十分な印象だった。現場を一度も見れなかったのとサイディングのみの外観で特にこれといって特徴的なところはなく提案力も少々乏しかったため却下。
拘りがなくとにかく安くという人にはいいかな。あとタマホームが三島からは少々遠いので近くのローコストでという人にはいいのではないかと思う。ただ、見積もりが工務店と違いローコスト形式なので独自の割増しルールがあるので注意が必要。ちなみに最終検討した業者中、見積もりが一番安かったのはここでした。

にほんブログ村 住まいブログへ最後まで読んでいただきましたら応援クリックよろしく!
↑クリックするといろんな住まいブログに出会えます!!
・・・現在のランキングをチェック・・・
検討した依頼先その5
2007年06月10日 (日) | 編集 |
これまでに検討したハウスメーカー・工務店の概略です。
記憶にあるがままを書いています。メーカーさん、削除修正依頼などご気軽にどうぞ。

・・・丸山住宅・・・
工法:木造軸組み
耐力壁:筋交
断熱方式:充填断熱(GW100mm)
柱&土台:檜無垢(3.5寸)
外壁:モルタル下地塗り壁

不動産屋さんに紹介してもらい完成現場もいくつか見せていただいた。地元工務店ならではの口コミで仕事が来るタイプの工務店。無垢材を使用している割りに値段はそれほど高くなかったが、施工中の現場が見れなかったのと価格に開きがあり断念した。見積もりは細かく積算してあって分かりやすいものだった。住宅保証機構へも加盟しており性能表示への対応もしており信頼できそうだった。


・・・アプトホーム・・・
工法:木造軸組み
耐力壁:筋交+ダイライト
柱:赤松集成材3.5寸
土台:米ヒバ3.5寸
断熱方式:充填断熱(RW75mm)
外壁:外観タイプにより違うがプロバンスは下地サイディング+塗り壁

新手のHM(確か今年10周年)で当初は名前すら知らなかったがたまたま清水町の展示場を見かけて知った会社。外観タイプがいくつかあるがプロバンスを得意としており施工例もほとんどプロバンス風。
内装は新建材を使用したローコスト系仕様だが外観が見てすぐにそれとわかるほど特徴的。価格もそれほど高くないので、ローコストでは何かパンチがなくて嫌だけど無垢の家や輸入住宅を建てるほど予算がないという人にはかなりグッと来るHMだと思う。外観イメージを前面に出しているが構造体も実は結構しっかりしている。集成材+メタル接合と筋交だけで壁量を確保し更に全面にダイライトを貼って余力を持った構造。外壁が通気工法の塗り壁だというところもポイントUP。施工例を見ると細かいところで随所におしゃれに見せるポイントを良く知っているので提案力の高い会社だと思う。

にほんブログ村 住まいブログへ最後まで読んでいただきましたら応援クリックよろしく!
↑クリックするといろんな住まいブログに出会えます!!
・・・現在のランキングをチェック・・・
ハウスメーカーの決定!
2007年06月10日 (日) | 編集 |
たくさんのHMや工務店を回って構造体や標準仕様を調べ絞込みを行いました。購入した土地と出会った時点でこの絞込みがまだ完全ではなかったので最終的に7社に見積もりをお願いすることになり最終決定まで少々時間を要したのが今回の反省点です。

2~3社まで絞れていればもう少しスムーズだったと思います。でも1社に絞るのはあまりいいことではないと思います。時折土地より先にHMを決めて契約をする人もいるようですが、私はあまり賛成できません。建物を先に契約してしまうと「他はもう検討しない」意思の表れなので主導権は完全に相手方になります。

土地も決まっていない状態なので間取りも決めようがありません。どんな家が幾らで建つか分からないのに契約してしまうのは危険ですよね。探す土地の価格にも制約がでます。
それに土地が見つかるまでの間にもっと良い工務店にこれから出会うかもしれませんしね。

見積もりは全く同じ条件での比較が単純明快なのですが、構造や仕様が各社で若干異なるため全く同じにすることは不可能です。もし、そういう比較をしたかったら建築士に設計をお願いし、その仕様通りに建てたらいくら?という方法が良いと思います。
私の場合、建築士にお願いする予算もないため、プランは各社にお任せしました。

ただ何点か要望があったのであらかじめ見積もりに含めてもらうことでより均一な条件になるようにしました。

・・・比較検討した各社の仕様・・・
☆構造材は無垢か集成材か
☆接合はメタル仕様か仕口加工か
☆柱と土台それぞれの太さと材種
☆断熱方式と使用する断熱材の種類と厚さ(壁・床・天井)
☆外壁の種類と通気の取り方(標準は通気なしという会社もあった)

・・・各社にお願いした見積もり条件・・・
☆1世帯で延床34坪前後
☆できれば塗り壁でプロバンス風に
☆屋根材は陶器瓦
☆2階にもトイレ
☆ユニットバスは1.25坪
☆1F2F全ての引違い窓にシャッター雨戸
☆浴室換気乾燥機を付ける
☆ビルトイン食器洗浄器をつける
☆オール電化(エコキュート370L+IHクッキングヒーター)

全てが必ず必要というわけではなく予算の許す範囲で付けたいと思っていたものをあらかじめ見積もりに入れてもらい検討して後から削る方式を採りました。

候補中唯一の高気密高断熱である中西工務店は予算を大きくオーバー、無垢で塗り壁の藤田工務店、塗り壁ではないが安く上がりそうな林工住宅とかなり迷いましたが、価格だけでなく総合的に判断してハウスメーカーを決定しました。

にほんブログ村 住まいブログへ最後まで読んでいただきましたら応援クリックよろしく!
↑クリックするといろんな住まいブログに出会えます!!
・・・現在のランキングをチェック・・・
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。